ASIN/JANを入力して商品を登録しよう

ここではASIN/JANを入力してLISTIQ楽天版に商品を登録する手順を説明します。

商品登録の操作

商品登録には、アドオン上部のテキストエリアに、ASIN/JANのリストを貼り付け、「登録」ボタンを押してください。

  • ASIN/JANは改行で区切ってください
  • 一度の入力で複数種類のIDを混ぜることはできません。ASINであればASINだけのリストを入力してください
  • JANを入力した場合に、複数のASINが該当する場合(セット商品など)にはその全てが登録されます

登録処理の流れ

テキストエリアにASIN/JANが入力されると、次のような流れで商品登録、除外、情報取得が自動的に行われます。

STEP
商品の基本情報の登録

ASIN、商品名、画像、ランキング、カテゴリ、重量、サイズなどの情報をスプレッドシートに登録します。この時点でKeepaグラフもセル内に表示します(Keepa APIのトークンは消費しません)

STEP
設定条件で自動除外

STEP1実行時に、新出のASINのみを登録します。
また、除外リストに含まれる商品、設定したランキングに満たない商品、NGカテゴリ、NGキーワードに合致する商品なども除外します(この除外設定についてはこちらを参照ください)。

STEP
販売価格の取得

カート価格(なければ最低価格)、出品者数、Amazon手数料を取得します。オプションで販売価格が低い商品の除外もできます。

STEP
購入価格の取得

楽天から取得したJANを登録した場合には、取得した店舗の価格・ポイント・クーポンを登録します。
Amazonから取得したASINを登録した場合には、楽天の最安商品を検索して登録します。

STEP
販売数の取得

Keepa APIを使って、直近1ヶ月の販売数と、3ヶ月の平均販売数を取得します。同時に、販売時点の価格の最頻値(一番売れたであろう価格)も計算します。オプションで3ヶ月の平均販売数が低い商品の除外もできます。

販売数は、ランキンググラフの谷のカウントのため、高ランキングの商品では正確な値が取得できません。また、バリエーションがある商品はそれらの総数になりますのでご注意ください。

STEP2~4はテキストエリア右側のチェックボックスを外すことでスキップすることができます(次節で説明)。

特にSTEP4の販売数は取得に時間がかかるため初期設定では取得しません。こちらで説明するように商品を絞り込んでから取得することを推奨しています。

登録済みASIN、除外リストの共有

通常、登録済みのASINがあるか、除外リストに含まれるかは現在のスプレッドシートのみを対象に検索します。

ただし、設定シートを用いて、「リサーチのID」に複数のスプレッドシートのIDが指定する場合は、これらのスプレッドシートを対象に横断検索できます(自身のIDも含まれている場合のみ)。

登録済みのJANを登録する場合

リストに登録済みのJANがある場合、新しく登録する購入価格、ポイント、クーポンで上書きします。

通常、スプレッドシート内の全シートを横断検索しますが、除外条件の「他シートの登録ASIN」にチェックが入っている場合には、現在のシートだけを対象にします。

登録の動作設定

登録時の動作を、テキストエリア右側のチェックボックスで設定できます。

除外

チェックを外すと一時的に除外機能を無効にし、全ての商品を登録できます(同スプレッドシート上にすでに存在するASINは登録しません)

価格

カート価格(なければ最安価格)、出品者数、Amazon手数料を取得します

出品制限

出品制限の有無を取得します。制限がある場合は解除申請ページへのリンクを表示します(リンクがない場合もあります)。

販売数

Keepa APIを使って、直近1ヶ月の販売数と、3ヶ月の平均販売数を取得します。同時に、販売時点の価格の最頻値(おそらく一番売れた価格)も計算します。

「販売数」にチェックした場合、Keepa APIの標準のプランだと1時間に取得できるASINは最大300件のため、それ以上のプランを契約していない場合はトークンの回復待ちが発生します

Keepaトークンの詳しい説明はこちらの記事をご参照ください。