不要な商品を除外しよう

LISTIQ楽天版では、スプレッドシート上に厳選したASINを貯めていくことで、ストック型リサーチが可能になります。

ストック型リサーチ

ここでは、リサーチ時点では仕入れ対象にならなくても、一定条件を満たす商品をリストに貯めておき、価格や競合の変動を捉え、仕入れ対象になったタイミングで仕入れを行うリサーチの方法を指します。

Keepaのアラートもストック型リサーチの一つです。

ここでは、ASINのリストを作るために不要なものをシートから除外していく手順を説明します。

目次

除外の基本

ユーザーが対象外と判断したASINは「除外リスト」に移します。

商品登録時に、この除外リストを参照し、一致するASINが見つかった場合はそのASINの登録をしません(「除外」がオンになっている場合のみ。オフの場合は除外リストを無視して登録します)。

除外リストはLISTIQ楽天版のアドオンが動くスプレッドシートごとに独立しています。そのスプレッドシートの除外リストを開くには、のメニューから「除外リストを開く」をクリックしてください。

除外リストを開いてASINを削除することで除外を解除できます

続いて、登録済みのASINを除外リストに移す方法を説明します。

商品登録時に条件に合致した商品を自動的に除外する方法についてはこちらを参照ください

非表示の商品をまとめて除外

フィルタをかけた状態で「非表示の商品をまとめて除外」をクリックすると、条件から漏れて非表示になっているASINをまとめて除外リストに移すことができます。

フィルタと情報取得を繰り返し、商品を絞り込もう」で説明した手順で仕入れ候補を抽出した後に、この「非表示の商品をまとめて除外」を実行することで効率よく商品をストックできます。

NEWラベルを使った運用

列のカスタマイズで「CHECK1」列を追加すると、新規に登録された商品行に「NEW」ラベルがつきます。

これにより、NEWついているものはリストに残すか判断保留中、NEWを消したものはストック済み、という運用ができます。

NEWマークはBackSpaceキー/Delキーで消します

CHECK1列があるとのメニューに「NEWの商品をまとめて除外」が表示されるようになります。「NEWの商品をまとめて除外」を実行するとNEWがついた商品をまとめて除外します。

また、後述する「今日の候補」もNEWのない商品だけを対象にします。

手動で除外

Keepaグラフを目視して除外する場合など、選択行を除外する手順は次の通りです。

  1. スプレッドシート上で除外対象とする商品を選択します(範囲選択、複数選択可)
  2. をクリックします
  3. 選択された商品がシートから削除され、除外リストに追加されます

登録時の条件で除外

ASIN/JANの登録時に条件に合致したものを自動的に除外しますが、この除外条件を登録後にも適用できます。

登録タブのをクリックして除外条件ダイアログを開き、「選択行を条件で除外」ボタンをクリックすると、選択行の商品の中で除外条件に当てはまるものをまとめて除外できます。

目次
閉じる