最新の情報に更新しよう

ここではスプレッドシート上の商品を選択して(情報取得)をクリックし、商品情報を更新する方法について説明します。

LISTIQ楽天版では登録済み商品の情報を自動で更新しません。このページで説明するように手動で取得する必要があります。

目次

商品の選択と機能実行

対象商品を選択した状態でをクリックすると、ドロップダウンメニューの中でチェックされたアクションを実行します。実行の結果、選択中の商品の情報が更新されます。

商品を選択(範囲選択、複数選択可)
チェックされたアクションを実行する

(情報取得)に限らず、アクションボタンエリアに並ぶボタンは、スプレッドシート上でフォーカスのある商品(範囲選択、複数選択可)を対象として機能を実行します。

アクション

「情報取得」のアクションは次の3つです。

商品情報・価格

商品の基本情報(タイトル、画像、重量など)に加え、カート価格(なければ最安価格)、セラー数、Amazon手数料、楽天の最安価格、(設定によって)Yahooショッピングの最安価格を取得します。

販売数

直近1ヶ月の販売数と、3ヶ月の平均販売数を取得します。同時に、販売時点の最頻価格も計算します。
Keepa APIを用いるため、1ASINあたり1トークン消費します。

自在庫数

AmazonのFBAの在庫数を取得します。

「販売数・最頻価格」列では、上段に販売数、下段に最頻価格を表示します
販売時点の最頻価格とは?

Keepaのグラフを解析し、実際に商品が売れた時点での価格を並べ、その中で一番頻度が多かった価格を「販売時点の最頻価格」として「販売数・最頻価格」列に表示します。

(一方で、Keepa APIでは通常、全時点の平均価格を返します。平均価格だと実際には売れていない価格を加味した価格が取得される場合が多々あるため、最頻価格の方が有意義な数字になります)

なお、各販売時点の価格は桁に応じて四捨五入をし、最頻価格を計算しています(例:1986円 → 1990円、14677円 → 14700円)

Keepa APIのトークンの自動回復待ち

販売数の取得には、Keepa APIのトークンを消費します。LISTIQリサーチではトークン不足で処理が止まることのないように、Keepa APIが0になった場合にトークンの回復を待ちながら実行を継続します

Amazon本体の出品

オプション「販売数」をオンにすると、「Amazon本体」列で出品状態も取得できます。Amazon本体の出品がある場合は以下のいずれかが表示されます。

カート価格

Amazonがカート価格(付近)に価格をつけている場合

高値

現在Amazonの出品があるが、カート価格よりも高い価格をつけている場合

不在

過去3ヶ月の間にAmazonの出品があったが現在は不在の場合

セラー数

オプション「商品情報・価格」が指定されている場合には、以下の表の通り、セラーの数やセラーごとの最安価格を取得できます。

なお、「FBAセラー数(FBA_NUM)」以外の列は初期状態では存在しないため、それぞれ列を追加する必要があります(列の追加方法についてはこちらを参照してください)。

項目列定義
カート圏(※1)のFBAセラー数NUM_FBA
カート圏のFBMセラー数NUM_FBM
カート圏の出品率BOXPRICE_OFFERS_RATE
FBAセラー数NUM_FBA_ALL
FBMセラー数NUM_FBM_ALL
FBAの最安価格PRICE_SELL_FBA
FBMの最安価格PRICE_SELL_FBM

※1 カート圏とはカート価格から10%増までの価格としています

カート圏の出品率

列のカスタマイズによって「BOXPRICE_OFFERS_RATE」列を追加することで、全FBA出品の内、カート圏内の価格をつけている出品の割合を取得できます。

このカート圏出品率が低い場合は、一部の出品者が追従できない価格まで下げている出品者がいると言うことなので、今後も価格の下落が予想されます。逆にカート圏出品率が100%に近い場合は、価格が安定していることを意味します。

目次
閉じる