クイックスタート

国内の卸業者から取扱商品リスト(Excel形式、JAN・下代記載)を入手したケースを例に、LISTIQリサーチの簡単な利用の流れを説明します。

STEP
Excelからコピー
  1. 列がJAN、価格の順に並ぶように、列を移動・非表示を行います
  2. LISTIQリサーチに追加する商品をコピーします(初めは1000個程度までで試してください)
3列目は「備考」列に入力されます。この例では「出荷単位」を「備考」に入力します。
STEP
商品データをシートに登録
  1. コピーしたJAN・価格をテキストエリアにまとめて貼り付けます
  2. 「登録」ボタンをクリックします
  1. 商品情報が表示中のシートに書き出されます

初期設定では登録時に月間販売数(1ヶ月、3ヶ月平均)の取得をしません(Keepaグラフは表示されます)。

自動的に月間販売数を取得するには、テキストエリア右の「販売数」にチェックしてください。
後から取得するには、登録した商品を選択しをクリックしてください。

なお、月間販売数の取得にはKeepa APIのトークンを消費するため、取得件数とKeepaのプランによっては回復待ちが発生します(初期プランでは1時間に300商品まで取得可能)。

そのため、登録時に月間販売数の取得は行わず、先にKeepaグラフを目視して販売実績がないものを除外(をクリック)することで、後から販売数を取得する際にトークン消費を抑えることができます。

Keepaトークンの詳しい説明はこちらの記事をご参照ください。

STEP
仕入れ候補の抽出

利益率、販売数(STEP2で取得していれば)などの条件を指定して、シート上の商品を絞り込み表示します。利益(率)はポイント込み/ポイント抜きを指定できます。

また、除外の設定から、登録時に条件に当てはまるものをあらかじめ除外することもできます。

STEP
商品のストック

STEP5で仕入れ情報の修正後、再度フィルタをかけ商品を絞ります。「非表示の商品をまとめて除外」を実行すると、フィルタされ非表示になっている商品を全てシートから削除します(「除外シート」というリストにASINが追加されます)。

条件に合致した表示中の商品だけをシートに残します

このようにして仕入れ商品の候補をシートにストックしていきます。

今後、ASIN/JANを登録する際には、ストックされた商品及び除外された商品は自動的に取り除かれ、初見の商品のみを抽出できます。

STEP
「今日の候補」で半自動リサーチ

「今日の候補」を定期的に実行することで、ストックした商品の中から、
その時点で「利益」が取れ、「販売数」が見込め、「競合セラー」が少なく、「自在庫」が少ない商品
を自動的に抽出できます。

「今日の候補」をクリック
3つのSTEPを実行するとその時の仕入れ候補が抽出