在庫の回転率・回収率を確認しよう

「資産推移」シートでは、総資産の把握に加えて、現在の在庫に対して回転率、回収率、在庫日数の割合など、在庫の評価が可能です。

これらの在庫の評価は、月末時点で取得された在庫高を用いて自動的に計算されます。

目次

在庫月数

現在庫がいつ仕入れをしたものか、その分布を示した指標です。

LISTIQレポートでは、

  • 3ヶ月以内
  • 4-6ヶ月
  • 7ヶ月以降

の3段階に分け、それぞれの割合を表示します。

もちろん3ヶ月以内の在庫割合が多いほど不良在庫がなく健全です。

回転率

現在の在庫が、きちんと売れて手元に残らず出て行っているか、在庫の健全性を表す指標です。

LISTIQレポートでは次の式で計算します。

当月の回転率 = 当月の販売原価 / 当月の平均在庫高(販売中)

平均在庫高は、(月初在庫高 + 月末在庫高)/2で計算します。ここでの在庫高は販売中の商品のみを対象とします。

単純化して言うと、その月の販売中の在庫がその月に全て売れた場合には回転率は100%になり、半分売れた場合には50%となります。

輸入の場合、在庫高には購入価格だけでなく、国際送料と関税・消費税も含まれます。

回収率

各月の仕入れに使った金額が、売上としてどれだけ回収できた(入金される状態になった)か、キャッシュフローの良し悪しを表す指標です。

LISTIQレポートでは、各月について次の式で計算します。

当月の回収率 = 当月の仕入れの回収金額 / 当月の仕入高

仕入れの回収金額とは、その仕入分の「売上高 – 販売手数料」で、売上から発生する入金額です。

回収率は各月の仕入れごとに計算します。

下記の表の例で説明すると、2021/04の仕入れ金額は1,420,486円で、この仕入れから生じる売上と販売手数料を集計したところ、5月末の時点で66.04%を回収しています。さらに詳しく見ると、仕入れを行った4月には12.83%、その次の月の5月には53.21%を回収しており、この合計が66.04%です。

また、「仕入金額」列の上部にある列の開閉ボタンをクリックすると、回収率に対応する回収金額を確認することができます。

一般に、仕入れの翌月で66%、翌々月で100%を超えていればキャッシュフローとして問題がないと言われています。

目次
閉じる