商品を転送しよう(インポートスクエア編)

商品が転送業者の元に到着し、ある程度の個数が溜まるとまとめて日本へ転送をします。

この転送の際にInvoiceに記載するため、商品の購入価格を転送業者のWebサイトに登録する必要があります。LISTIQマネジメントはこの購入価格の登録作業を効率化できます。また、転送した商品を、仕入管理シート上で自動的に特定し、マーキングできます(これにより、次に転送されてくる商品をリスト化できます)。

このページではインポートスクエアを使った場合の手順を解説します。

事前の設定

  1. 設定シートを開き、「転送業者(到着予定CSVのタイプ)」でインポートスクエアを選択します。
  1. LISTIQのChrome拡張アイコンを右クリック、「オプション」を選択し、「Tracking#の取得時、インポートスクエア用のCSVを出力する」にチェックを入れます。

価格の登録

  1. トラッキングナンバーを登録しよう」の手順の通り、トラッキングナンバーの取得が完了すると、今回新たにトラッキングナンバーが取得された配送分の商品についてのみ、自動的にcsvファイルがダウンロードされます
  1. ダウンロードされたCSVを、インポートスクエアの「CSV」ページの「到着予定貨物」にアップロードしてください。「到着予定貨物」の一覧に、購入価格とトラッキングナンバーが設定された注文商品が追加されます。

上記メニューの「CSV」が表示されない場合はインポートスクエアに連絡をする必要があります。

商品の転送

  1. トラッキングナンバーが仕入管理に登録されていることが前提です。登録の仕方はこちらの説明を参照ください
  2. インポートスクエアの「出荷済」タブの「CSVダウンロード」をクリックし、CSVファイルをダウンロードします
  3. Chrome拡張アイコンをクリックし、表示されたパネルにダウンロードしたCSVファイルをドロップします
  1. CSVファイルに記載されている商品が「転送済」に変わります
  2. LISTIQマネジメントのフィルタ「転送済」をクリックすることで、次に転送されてくる商品のみを表示することができます

欧米輸入では、大量の商品を仕入れ、その一部を逐次転送していくことになるため、どの商品が次に届くのかを正確に把握することは効率向上や紛失防止の観点からとても重要です。特に納品代行業者を使う場合は、手元で商品を確認できないため、正確なリスト作成がより重要になります。

ステータス「FF到着」への変更

「Tracking No.」列にトラッキングナンバーが入ることで、ステータスが「FF到着」になります。

この場合、「転送済」タブのCSVではなく「倉庫の貨物」タブのCSVを読み込ませます。ただし、この操作は必須ではなく、ステータス「未発送」から直接「転送済」に変わっても問題はありません。