価格改定のルールを変更しよう

LISTIQマネジメントでは、仕入管理シートに登録済みの仕入コストの情報を用い、自動的に利益率ベースで価格を改定できます。

また、値上げを中心に、非常に細かい価格改定のルールが設定可能です。

価格改定のルールは全て設定シートの「価格改定のパラメータ」で設定可能です。ここではこのルールについて詳しく説明します。

出品者出荷の商品もFBA同様に価格改定を行いますが、送料が設定されている場合は正しく価格が設定されません。送料無料に修正をお願いします。

目次

価格のデフォルト値

自身の他に誰も出品者がいない場合に、指定した利益率を確保するように価格を設定します。

初期設定では利益率35%としています

黒字ストッパー

値上げが発生した場合に、この利益率を超えないように価格を設定します(黒字ストッパーが働く場合、この上限値に価格を設定します)。

黒字ストッパーは納品プラン作成日からの経過日数で段階的に引き下げできるように設定できます。

経過日数とその時の黒字ストッパー(利益率)を3段階で指定可能

ただし、黒字ストッパーの引き下げは実質的な値下げ行動になるため、以下の制限があります。

  • 黒字ストッパーの設定値は、「利益率20%以上」「60日以降」のみ設定可能
  • 在庫が減っていない(購入数と在庫数が同じ値の)商品にのみ適用

また、率先して価格を引き下げることがないように、初期設定では、「カート価格を引き下げる場合に黒字ストッパーを無効にする」する設定が有効になっています。

赤字ストッパー

値下げが発生した場合に、この利益率を下回らないように価格を設定します。

赤字ストッパーも黒字ストッパーと同様に納品プラン作成日からの経過日数で段階的に引き下げできるように設定できます。

経過日数とその時の赤字ストッパー(利益率)を3段階で指定可能

中古コンディションの赤字ストッパーは別に設定します。

赤字ストッパーが働く場合に、その下限価格に価格を合せるか、現在の価格から動かさないかを指定できます。

この設定がオンの場合は、赤字ストッパーを下回る値下げの場合、現在の価格を変更しません。
オフの場合は、赤字ストッパーの価格まで下げます。

値上げ・値下げ幅

LISTIQマネジメントの価格改定は、カートが単独、カートが出品者出荷などの場合に、価格の上げ下げを繰り返し、最適な価格に見つけるように動きます。ここでは、その1回の価格の上げ下げの幅を設定します。

なお、それぞれの項目で「1」を設定した場合は、値上げ・値下げを行いません。

単独カート時の値上率

カートが自身のみの時に値上げを試みます。その時の1回の値上げ幅を割合で設定します

カートが出品者出荷時、カート価格の割増率

カートが出品者出荷時に、そのカート価格よりも高い価格をつけにいきます。その時のカート価格に対する割増率を設定します。

カートが出品者出荷時、カートが取れない場合の値下率

カートが出品者出荷時に、割り増した価格ではカートが取れなかった場合に、値下げを試みます。その時の1回の値下げ幅を割合で設定します。
※値下げした価格がカート価格を下回る場合はカート価格に合わせます。

単独カート時の値上げは、次のいずれかの条件を満たすまで、価格改定の実行の度(1時間ごと)に繰り返します。

  • 値上げ後の価格が黒字ストッパーを超える場合、黒字ストッパーの価格にあわせる
  • FBA出品者がおり、値上げ後の価格が次点のFBA出品の価格を超える場合、現在の価格のままにする
  • FBA出品者がおらず、値上げ後の価格が最安の出品者出荷の価格を超える場合、現在の価格のままにする
  • カートが不在になった場合、値上げを止め、前回カートが取れていた価格に戻す

値下げ幅リミット

現在価格から一度に「値下げ幅リミット」で指定した比率以上、値下げがされる場合は値下げしません。
値下げ幅リミットの機能をオフにする場合は空欄にします。

後述する「メール通知」を設定している場合は、値下げ幅リミットが働き、値下げが行われなかった場合には、その旨がメールで通知されます。

カート価格に追従しない設定

自身がカート価格ではなく、以下の条件を全て満たしている場合はカート価格に追従をしません。

  • カート価格の出品者が少人数
  • カート価格と自身の価格に差がある
  • 商品が売れている(=回転がよく、カートが入れ替わりやすい)

この条件を以下の項目で設定します。

価格差は、カート価格に対する自身の価格の割合で指定します。1.2の場合は、カート価格が自身の価格の20%増以上であれば追従しません。

商品の売れ行きは、ランキング割合で指定します。ランキング割合は商品の現在ランキングをカテゴリの全体数(独自調べ)で割ったもので、上位何%にいるかを示します。0.01の場合は、上位1%以内であれば追従しません。

価格の吊り上げ

自身がカート価格で、他にカート価格をつけている出品者の数が少ない場合、一度値上げをし、他の出品者の追従を誘います。追従がない場合、次回の価格改定で元の価格に戻ります。

吊り上げの値上げ率

一回の値上げ割合です。値上げの動作は「値上げ・値下げ幅」の説明と同様です。

吊り上げを行う時間

24時間表記でカンマ区切りで指定します。この時間に行う価格改定でのみ吊り上げを試みます。吊り上げを試みている時間はカートが取れない可能性があるので、深夜帯や平日の朝など、あまり商品が動かない時間帯を指定することを推奨します。

吊り上げを行う曜日

「月,火,水」のようにカンマ区切りで指定します。この曜日にのみ吊り上げを試みます。

中古コンディションの価格改定

中古コンディションの場合、他の中古出品の有無で動作が変わります。

他に中古出品がない場合、カート価格を割り引いた価格を設定します。この割引率はコンディション別に指定します。

他にも中古出品がある場合、中古出品の最安値(※)に価格を合わせます。ただし、次の場合はその限りではありません。

  • カート価格からの割引価格の方が低い場合、割引価格に設定します
  • 中古の赤字ストッパーを超える場合は、赤字ストッパーの価格に設定します

※ 中古出品の最安値はコンディションは考慮しません。自身の出品が「ほぼ新品」であっても、「可」の出品があればその価格に合わせられます。

メール通知

価格改定を行った結果、次のケースに該当する場合、アラートをメールで送信します(空欄にする、または、チェックをオフにすると通知は行わなくなります)。

一回の価格改定の件数

一度の価格改定で設定値以上の商品数の価格改定が行われた場合には通知します

カートが不在のままの出品がある時

「カートが不在」のまま価格改定が行われていない商品がある場合に通知します。

値下げ幅リミットが適用された出品がある時

前述の通り、値下げ幅リミットが働き、値下げが行われなかった場合に通知します。

カートが不在や値下げ幅リミットの通知を受け取った後に、その商品の価格を手動で下げるかを検討してください
(手動で価格を改定する方法はこちらを参照ください)

通知先のメールアドレスは設定シートから設定できます。設定をしない場合は、@listiq.jpアカウントのメールに通知がされます。

目次
閉じる