LISTIQリサーチの大型アップデートについて

今回、LISTIQリサーチに関し、新APIへの置き換え(SP-API、Sheets API)、これに伴う内部アルゴリズムの一新を行い、情報取得・書き込み・削除の格段の高速化を実現しました。

今回のアップデート版を初めて実行する際には、一度、全てのシートの2列目(CHECK2)列の値を削除してください。この列に値が残っていると「今日の候補」が正常に実行されません。

大きな変更点

  • シートへの書き込みタイミングが変わりました。一連の処理の最後にまとめて書き込みます
    • これに伴い、新規登録時、2000行を超える場合には分割して実行されます
  • 欧米輸入版で、US・UKのMWS認証トークンを登録している場合、各国の情報を一度に高速取得するようになりました(Keepa APIを利用している場合はこれまでと同様のため、US・UKの大口アカウントの取得を推奨します)
  • のオプション「詳細モード」が廃止になり、200件/時の制限なく、正確なFBAセラー数、FBMセラー数などが取得できるようになりました
  • のオプション「販売数」を指定しなくても、「JAN」「UPC」「バリエーション数」が取得できるようになりました
  • 「今日の候補」が3つのSTEPにまとまり、条件が簡潔になりました(詳しくはこちらをご参照ください)

「登録時の設定」ダイアログの変更点

  • 除外条件に「大型」「Amazon本体がカート価格」を追加しました
  • 除外条件「ランキング割合」が廃止になりました
  • 除外条件「カテゴリ」の区分が変更になりました。選択し直してください
  • 登録後に取得するデータ「JAN・UPCから購入ASIN」がなくなり、デフォルトで取得するようになりました

列定義の追加

  • VARIATION_ASINS: バリエーションのASINが改行区切りで入ります

列定義の廃止

必要がなければ削除をお願いします。

  • RANK_RATIO_SELL
  • CATEGORY_UK