LISTIQリサーチ dev版(SP-API&並列処理)のインストール手順

LISTIQリサーチに、SP-APIを導入し、かつ並列処理を実装し高速化を図りました。これを通常の安定版とは分け、dev版としてリリースします。

ここではその導入手順や変更点を解説します。

  • dev版のためバグが含まれている可能性が高くなります
  • dev版の導入後も、通常の安定版と切り替えて利用ができます
  • dev版の品質が向上した際には、安定版にマージをする予定です

導入手順

STEP
SP-APIの権限付与

以下のボタンを押して、各国のセラーセントラルで、LISTIQへSP-APIの権限付与を行ってください。

※SP-APIの権限付与には大口アカウントが必要です。Amazon.com、Amazon.co.ukは利用可能な場合にのみ設定してください。

「LISTIQのSP-API利用登録が完了しました」というメッセージが表示されれば成功です。空白の画面になる場合はリロードやキャッシュクリアの上再度お試しください。

STEP
LISTIQリサーチ dev版のインストール

以下のボタンを押して、LISTIQリサーチ dev版をインストールしてください。

この時、ブラウザ側だけでなくChrome側のアカウントをlistiq.jpにしてアクセスしてください(インストール後はログアウトしても大丈夫です)。

STEP
アドオンの実行

LISTIQリサーチのスプレッドシートを開き、メニュー「アドオン」→「LISTIQリサーチ dev版」→「使用を開始」を実行してください。

その後、スプレッドシートをリロードし、再度、同メニューを辿り通常と同じく「開く」をクリックしてください。

これでSP-APIと並列処理を実装したdev版が開かれます。通常通りの安定版を開く場合は「1.LISTIQリサーチ」を開いてください。

一度、全てのシートの2列目(CHECK2)列の値を削除してください。この列に値が残っていると「今日の候補」が正常に実行されません。

変更点

大きな変更点は以下の通りです。

  • 情報取得や削除などを含む、ほぼ全ての処理のアルゴリズムを見直し実行速度が向上しています
    • 情報取得時に逐次シートへ書き込むのではなく、取得完了後にまとめて書き込みます
    • 6件以上削除する場合は、フィルタを解除することでまとめて高速に削除ができます
    • 欧米輸入版の場合、Amazon.com、co.ukについてもSP-APIを使うと速度向上が顕著です。日本以外の大口アカウントの取得を強く推奨します
  • 「詳細モード」が廃止になり、200件/時の制限なく、正確なFBAセラー数、FBMセラー数などが取得できるようになりました
  • 「今日の候補」が3つのSTEPにまとまりました(月間販売数のみのフィルタはなくなり、販売数/FBA数でのみフィルタします)
  • のオプション「販売数」を指定しなくても、「JAN」「UPC」「バリエーション数」が取得できるようになりました

以下の列定義が追加になりました。

  • VARIATION_ASINS: バリエーションのASINが改行区切りで入ります

以下の列定義は廃止になりました(安定版を使わない場合は消しても構いません)。

  • RANK_RATIO_SELL
  • CATEGORY_UK

その他、「登録時の設定」ダイアログに以下の変更点があります。

  • 除外条件「ランキング割合」が廃止になりました
  • 除外条件「カテゴリ」の区分が変更になりました。選択し直してください
  • 登録後に取得するデータ「JAN・UPCから購入ASIN」がなくなり、デフォルトで取得するようになりました